夕張メロンって何?

今回は夕張メロンに関して調べたいと思います。
何故かと言うと私は現在夕張市で働いているからです。
夕張市と言えば夕張メロンです。

因みに夕張市の位置を写真で確認すると北海道の大体中央に位置しています。

札幌市の東で札幌市との距離は約65kmで、新千歳空港との距離は約50kmです。

夕張市自体は非常に縦長の市です。

駅名で言うと下の滝ノ上(たきのうえ)から夕張までが夕張市に属します。
写真で分かる通りJRが通っていて、滝ノ上から新夕張まではJR石勝線が通っていて、新夕張から夕張まではJR石勝線夕張支線が通っています。
但し残念な事に2019年4月1日にJR石勝線夕張支線は廃線に成ります。

話を夕張メロンに戻したいと思います。
夕張メロンとは簡単に言うと赤肉のマスクメロンです。
父スパイシーカンタロープと母アールスフェボリットから作られます。

スパイシーカンタロープとはカンタロープを品種改良して作られたメロンで、夕張メロンと同じで赤肉で、他の特徴としては香が強く甘いが糖度が低い事や寒さに強い事が挙げられる。

アールスフェボリットとはマスクメロンの事を日本で呼ぶ場合のメロンを指し、マスクメロンとも言えます。
スパイシーカンタロープと比べると果肉は赤ではなく黄緑で糖度が高いですが、病気への抵抗力が低いので栽培が難しいそうです。
又表面を比べるとスパイシーカンタロープは規則正しく線が入っていますが、アールスフェボリットは網目状の線が入ってます。

夕張メロンの品種名は夕張キングメロンで商標名は夕張メロンです。
因みに品種名とは一定の特徴に拠って同一種類とされる個体群の事です。
又商標名とは簡単に言うと特定の物を表す商品名の事で、言い換えると商品に貼る名前が書かれたラベルです。

商標名の夕張メロン夕張市農業組合の登録商標です。
因みに登録商標とは商標登録を受けている商標を指し、商標登録を受けると商標権が発生します。
商標権の効力は大きく専用権と禁止権に分けられます。

専用権とは商標権者(商標登録の際に任命された商標の専用使用権者)は指定商品に関して登録商標を独占的に使用出来る権利です。

詰まり夕張市農業共同組合が夕張メロンを商標登録する際に夕張市農業共同組合を専用使用権者にすると夕張メロンに関して夕張メロンと言う商標は夕張市農業共同組合だけが使えると言う事です。

従って仮に夕張市農業共同組合以外の人が夕張メロンを作ったとしても夕張メロンと言う商標は使えないと言う事です。

次に禁止権とは指定商品に関して登録商標に類似する商標を使用する事や指定商品に類似した商品に登録商標登録商標に類似した商標が使われた場合、商標権者は侵害の停止や予防を請求したり、登録商標を侵害した物や施設等を処分したり、侵害予防に必要な行動を請求する事が出来る権利です。

詰まり夕張農業共同組合以外の人が夕張メロンを作って幕張メロン(仮名)と付けたり、夕張メロンに似たスパイシーカンタロープに夕張メロンと名付けたり、夕張メロンと言う商標に似た幕張メロンと名付けても駄目と言う事です。

商標権には上記の効力が有りますが、効力が効かない条件が有ります。

1個目は商標に似ている普通名称です。
詰まり夕張メロンと言う登録商標に似ているメロンと言う言葉を夕張市農業共同組合の人以外が商標にしても許されると言う事です。
何故かと言うと皆が使う普通名称の使用を独占させる事は良くないと考えられるからです。

2個目は商標登録される前に既に使われていた商標で、引き続き使用出来ます。
何故かと言うと元々使われていた商標にも専用権、禁止権が発生すると、営業妨害目的の悪用も想定されるからです。

話を夕張メロンに戻します。
夕張メロンの特徴の1個として長期保存が難しい事が挙げられていた。
従って1961年に夕張メロンが誕生してから1981年頃までは道内での流通に留まっていましたが、1982年に大手宅配業者の「フットワーク」と提携したので、全国にも展開する事が可能に成りました。

又他の特徴としては厳重な管理が挙げられます。
何と夕張メロンのタネは夕張市農業共同組合の金庫内に保管されているそうです。

次に夕張メロンの生産方式を見たいと思います。
1個目はハウス栽培で、2個目はトンネル栽培です。
ハウス栽培とはビニールハウス内で野菜、果物等を栽培する事です。

トンネル栽培とは半円型の支柱にビニール、フィルム等を被せ、内部で育てる方法です。

特徴としてはハウス栽培は7月中旬迄に出荷して、トンネル栽培は9月迄に出荷します。

最後に夕張メロンと言えば競りが有名です。
私も札幌市中央卸売市場で行われる初競りではないですが、夕張市の祭で競りを見ました。
https://twitter.com/kawasakiikazuki/status/1030964818486865927?s=21

今年の2018年5月26日の初競りでは2玉で320万円を記録し、全国的なニュースに成りました。

夕張メロンの初競りの歴史を振り返ると1985年から2001年迄は三越札幌店が最高額で落札し続けていました。
1985年には6万円でしたが、2001年には30万円で落札されています。

2003年には大丸札幌店と丸井今井札幌本店が33万円で落札していて大丸札幌店は開業初年でオープニング記念も兼ねていたと思います。

2004年にはロビンソン百貨店札幌店が42万円で落札していてロビンソン百貨店札幌店は開業10周年でしたので10周年記念も兼ねていたと思います。

2007年には丸井今井札幌本店が200万円で落札して史上初めて100万円台に到達しました。
丸井今井は創業135年で135年記念も兼ねていたと思います。

2009年にはリーマンショックの影響を受け、5万円で落札されています。

2015年には清水商事株式会社が150万円で落札しました。
因みに道外の業者の落札としては初だったそうです。

振り返って見ると最高値での落札は業者が独占している事が分かり、開業記念や開業何年記念等の記念に落札されている事が分かります。

落札後の経過も様々でオークションに出品されたり、店内に展示された後1カット毎に販売したり、小学校等にプレゼントされたりしていました。

夕張メロンに関して以前より詳しく知って更に夕張メロンに愛着が湧きました。
明日は絶対夕張メロンを食べたいと思います。




石狩鍋って何?

最近同じ職場の人と話していると、地元の有名な料理の話に成ったので色々話していると、「北海道と言えば石狩鍋ですよね」と言う話が出て、北海道出身の人が「鮭を使った鍋料理だよ」って簡単に説明してくれたんですが、今度食べる時に備えて更に予備知識を入れたいと思ったので、今回は石狩鍋に関して調べたいと思います。


先程の話にも出ていましたし、写真を見ても分かるんですが、石狩鍋は鮭をメインに構成された鍋料理です。

石狩鍋は2007年には農林水産省主催の農村漁村の郷土料理百選に選ばれており、北海道を代表する郷土料理として有名です。
因みに同年の上の百選にはジンギスカンやちゃんちゃん焼きも選出されています。

有名な石狩鍋ですが、同じ鮭を使った北海道の郷土料理の三平汁と混同される事が有りますが、石狩鍋は基本的に生鮭を使いますが、三平汁は基本的に塩鮭を使います。

石狩鍋は基本的に味噌で仕立てますが、三平汁は塩鮭が出す塩味で仕立てられます。

石狩鍋の発祥は金大亭と言う料亭で、1880年(明治13年)創業されています。
因みに明治13年とはエジソン白熱電球の特許を取得した年だそうです。

洗練された古民家と言った雰囲気が有って、癒されます。


更に入ると清涼感を感じさせる玄関が迎えてくれます。

金大亭は石狩鍋の名前の通り石狩市に位置していて正式な場所は北海道石狩市新町1と言う場所です。

因みに石狩市は北海道の中央西部に位置しています。


更に詳しく見ると札幌市の上に位置しています。

金大亭の位置を写真でも確認したいと思います。

赤ピンが刺さった場所ですが、近くに川が流れていて、石狩川と呼ばれています。

更に詳しく見たいと思います。

北側には、はまなすの丘公園と言う公園が有ります。


北海道らしい壮大な平原が広がっています。

因みに近くには石狩灯台と言う灯台が有ります。

石狩灯台明治25年に建設されたんですが、現存する灯台としては北海道最古です。

又写真を見るとピンク色の花が写っていますが、ハマナスと言うバラ科の花だそうで、5〜8月頃に花を咲かせるそうです。

話を石狩鍋に戻したいと思います。
石狩鍋の発祥の店金大亭の石狩鍋は簡潔に言うと鮭の切身、アラ、豆腐を中心に野菜等が、味噌が入った昆布出汁に投入され、山椒が加えられて完成するそうです。

今でこそ有名な石狩鍋ですが、原型は石狩市の漁師達の賄い料理だそうで、金大亭がアレンジして提供し始め徐々に普及したそうです。

今回は石狩鍋に関して調べました。
非常に長い歴史を持っている郷土料理で、私も北海道に滞在している間に金大亭に訪れて食べたいと思いました。

虹って何?

今日は虹に関して調べたいと思います。
何故かと言うと、今日17時頃にメチャクチャ綺麗な虹を見たからです。



写真の様に数分後には真ッ暗です。

今日は1日中雨で真ッ暗だったんですが、不意に窓越しに外を見ると山に日が差していて、一緒に完璧に半円の虹が架かっていました。
今までも勿論虹は見た事が有りましたが、完全に180度架かった虹は人生で初めて見ました。

イメージだと下の写真の様な光景でした。

因みに写真では私の写真技術なのか、iPhoneのカメラ性能なのか分かりませんが、全体を収める事が出来なかったので、悔しかったです。
従って今回は虹に関して調べたいと思います。

虹とは簡潔に言うと赤から紫の光(可視光線)のスペクトルが円弧状に成った光です。

因みにスペクトルとは分光学の定義ではプリズム等の分光器を使って分解された色が波長順に並んだ物質です。

詰まり簡単に言うとスペクトルとは色の帯です。

従って言い換えると虹とは太陽光の可視光線が分解され波長順に円弧状に成った物質と言えます。

因みに太陽光には可視光線以外にも可視光線よりも波長が短い紫外線や可視光線よりも波長が長い赤外線が存在します。


従って太陽光には波長が短い順に紫外線、可視光線、赤外線が含まれていますが、私達に見えるのは可視光線だけなので、虹とは可視光線を元に構成されます。

次に如何に虹が構成されるかを紹介したいと思います。

先程スペクトルを分光学の定義で紹介した時に太陽光がスペクトルに成るメカニズムの写真も紹介しましたが、同じメカニズムで虹も形成されます。
実験では太陽光をプリズム(分光器)を使ってスペクトル(波長順に並べられた色の帯)にしました。
詰まり波長順に可視光線を分解して並べましたが、自然界だと大気中の水分がプリズム(分光器)の役割を果たし太陽光をスペクトルにします。


因みにプリズムに太陽光を当てると虹色が発生する事を発見したのは有名な学者アイザック・ニュートンです。

次に虹の形状に関して紹介したいと思います。
虹は私達が通常見る主虹と時々主虹の上に有る副虹に分かれます。
何を基準に分かれるかと言うと角度です。
具体的には太陽と水滴と観察者の角度です。
上記の角度が40〜42度だと主虹が見られ、51〜53度だと副虹が見られます。

主虹は外側が赤色で内側に向かって紫色に成ります。
副虹は逆で外側が紫色で内側に向かって赤色に成ります。

何故かと言うと主虹だと太陽、水滴、観察者の角度が40度程度だと40度程度の高さの水滴から紫色の光、42度程度だと42度程度の高さの水滴から赤色の光を観測出来るからです。
副虹だと51度程度だと51度程度の高さの水滴から赤色の光、53度程度だと51度程度の高さの水滴から紫色の光を観測出来るからです。


因みに1個の水滴は7色の光を反射してはいますが、観察者に届くのは太陽光、水滴、観察者の角度が合致した光だけです。

従って主虹だと40度の高さの水滴が反射する紫色の光から始まって水滴の高さが高く成る毎に波長が長い光が反射され最終的に42度の高さの水滴が赤色の光を反射して虹が完成します。
副虹も一緒の原理です。

又何故虹は半円以上に広がらないかと言うと半円以上の虹を作るには太陽光、水滴、観察者の角度上、0度以下の角度に存在する水滴が必要ですが、0度以下の角度には基本的に大地が有りますので、水滴の様に反射してくれないからです。

因みに副虹だと水滴内で二回反射するので、主虹と比較すると基本的に暗いです。

以上を踏まえると虹の下を通りたいと言う願望は叶わない事が分かります。
何故かと言うと仮に虹(水滴が反射した可視光線のスペクトル)を通過しようとして虹に近寄っても太陽光、水滴、観察者の角度が合わないので、見えてた虹は見えなく成るからです。
詰まり虹を潜ろうとして動いた瞬間に目標の虹は消えて、消えると新しい虹が見えます。

又主虹と副虹の間の空間をアレキサンダーの暗帯と言います。

何故発生するかと言うとアレキサンダーの暗帯領域の水滴が反射する光は太陽光、水滴、観察者の角度が合致せず、観察者の頭上を通過するか、足下を照らすだけなので、観察者に届かないからです。

又虹には他にも種類が有って、月虹、過剰虹(干渉虹)、反射虹、白虹、赤虹等が挙げられます。

月虹とは普通の虹と同じ原理ですが、太陽光ではなく、月の光で出来る虹です。

過剰虹とは主虹の内側や副虹の外側に更に淡い虹が付いた虹です。
条件としては雨粒が小さく、大きさが揃っていると見えるそうですが、相当珍しいそうです。

反射虹とは水面等に反射した光が太陽光と同じ様に水滴に反射すると起こる虹です。
主虹と副虹の関係の様に同心円状には成らず、両者からズレて出来るので、主虹や副虹とV字型を形成する事も有る。

白虹とは文字通り白色の虹です。
何故白色に見えるかと言うと、霧や雲等の小さい水滴に太陽光が当たると水滴が小さいので普通サイズの水滴の様に分光されず全波長の光が殆ど均等に観察者に届くので白色に見えるからです(太陽光が分光する前の色は白色)。

因みに同じ条件で朝焼け、夕焼けの様に太陽光の赤色が強いと白虹が赤く見えるので、赤虹と言われます。

次に色の数に関して何ですが、世界中を見ると実は様々な説が有ります。
例えば日本だと基本的に7色ですが、アメリカでは6色ですし、ドイツでは5色です。

何故違っているのか?本当に他国に行ったら色の数が違う虹が見えるかと言うと実は見えません。
何故各国で色の数が違うかと言うと、諸説有るんですが、色を定義する言葉の種類数で決まっている説が濃厚だそうです。
詰まり虹が異なっているのではなく、私達の認識が異なっている為に国毎に虹の数が違っていると言えます。

余談ですが、虹は人工的にも簡単に作れます。
一番代表的な手法は太陽光を背にしてホースで斜上辺りに水を放水する事です。

今回は偶然の巡り合わせに拠って虹を調べました。
気象現象って言うのは奇跡が起こす神秘的な現象と言う感覚が有ったんですが、神秘的な現象の裏には現象が起こる必然的な条件が有る事が分かって面白かったです。
今後も気象現象に関して調べたいと思います。


慢性肝炎って何?

昨日肝硬変に関して調べていると肝硬変は段階を踏んだ病気であり前段階には慢性肝炎が存在する事を知りました。

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/liver-cirrhosis-nutritional-therapy/liver-roles/

因みに慢性肝炎とは慢性的に肝臓が炎症する病気で、定義上は6ヶ月以上続くと慢性肝炎で、6ヶ月も続かない短期的な肝炎を急性肝炎と言います。
私は慢性肝炎に関して詳しく知らないので、今回は慢性肝炎に関して調べたいと思います。

肝炎とはアルコールや薬やウイルス等様々な原因で肝細胞が損傷したり、肝臓の機能が低下する事です。

肝炎の内でウイルスが原因で発症する肝炎をウイルス肝炎と言い、5種類有ってA型肝炎B型肝炎C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎で、各々HAV(A型肝炎ウイルス)、HBV(B型肝炎ウイルス)、HCV(C型肝炎ウイルス)、HDV(D型肝炎ウイルス)、HEV(E型肝炎ウイルス)が原因で発症します。
因みにウイルス肝炎は人から人に感染します。

詰まり簡略化すると下の様に表せます。
アルコール過剰摂取 →

薬等の化学物質の摂取 → 肝炎

ウイルスの感染 →

肝炎の原因は様々ですが、慢性肝炎を引き起こす原因の大部分はウイルス肝炎です。

従ってウイルス肝炎を紹介したいと思います。

A型肝炎は主にA型肝炎ウイルス(HAV)感染者の便や海産物、水から感染しますので、基本的に経口感染と言う事に成ります。
例えばA型肝炎ウイルスに汚染された海産物を食べたり、HAV感染者が排便後に十分に手を洗わずに調理した料理を食べたり、ウイルスに汚染された水を飲んだり等が挙げられます。
但し、HAVは熱に弱いので料理を加熱する事が非常に効果的です。

簡略化すると下の様に成ります。
便、汚染水からHAVが付着した料理→

汚染された海産物 → A型肝炎

汚染された水 →

E型肝炎は主にE型肝炎ウイルスに感染したイノシシ、豚等のレバーを食べる事で感染しますのでA型肝炎と同じで経口感染と言えます。
HAVと同じでHEVも熱に弱いので、加熱して食べる事が効果的です。

簡略化すると下の図の様に成ります。
汚染されたイノシシ、豚のレバー→E型肝炎

B型肝炎は体液や排泄物に含まれていて皮膚や粘膜の傷口や穴に体液や排泄物が付着する事で感染します。
因みに体液とは血液、尿、精液、膣分泌液等を指して排泄物とは便、鼻水、嘔吐物、唾液、痰等を指しています。

例えばHBV感染者の友人からヒゲ剃りを借りたけど、ヒゲ剃りに友人の血液が付いていて、自分が剃った時に誤って傷口が出来て、傷口に友人の血液が付着すると感染する可能性が有ります。
他にも鍼治療でHBV感染者の体液や排泄物が付着している鍼が使われると、治療時の穴に体液等が付着して感染する可能性も有ります。

B型肝炎の親から産まれた子供に感染する事も有ります。

B型肝炎の予防法で重要な事を大きく分けて3個紹介したいと思います。

1個目は他人の体液や排泄物が侵入可能な傷が付いた皮膚や粘膜等を可能な限り塞いだり、覆い、他人の体液や排泄物を近付けない事です。

例えば、皮膚に傷口が有ったら絆創膏を貼ったり、性交渉をするんだったらゴムを着用したり、近くに体液や排泄物が有ったら近付かない事等が挙げられます。

2個目は体液や排泄物が付着している可能性が有る器具等は十分に消毒、殺菌したり、他人とシェアしない事です。

例えば注射器、鍼等の医療器具は十分に消毒、殺菌し、ピアスの穴を開ける器具や歯ブラシ、ヒゲ剃り等はシェアしない事等が挙げられます。

3個目はB型肝炎のワクチンを摂取する事です。
合計3回注射すると完了で15年間効果が持続します。
約90%以上の確率で感染を防げるそうです。

C型肝炎も体液や排泄物に含まれていて皮膚や粘膜の傷口や穴に体液や排泄物が付着する事で感染します。
従ってB型肝炎と同様の対策をする事が重要ですが、現在ではC型肝炎のワクチンは有りません。

B型肝炎C型肝炎を比べると感染力が違い、B型肝炎の方が感染力が強いです。
例えば医療従事者がウイルス肝炎感染者の血液が付いた注射器を誤って自分に刺した場合HBVなら30%の確率で感染しますが、HCVなら数%の確率でしか感染しません。

以上の様に各種の感染に関して概要と予防法を紹介しましたが、仮に感染した場合の検査と治療法を紹介したいと思います。
因みにA型肝炎とE型肝炎は慢性化する事が稀で、急性肝炎とされているので、慢性肝炎のB型肝炎C型肝炎の検査法と治療法を紹介したいと思います。

B型肝炎の検査法は血液検査と画像検査です。
血液検査では最初にHBs抗原と言うB型肝炎ウイルスが作る物質が血清中に有るかを調べ、陽性だとHBe抗原と言うB型肝炎ウイルスが作る物質、HBe抗体、HBV DNA(HBVの遺伝子を測定します。
画像検査では病気の進行度合を確認出来ます。

C型肝炎でも血液検査と画像検査を行います。
血液検査では最初にHCV抗体と言うHCVに感染したら血液中に確率出来る物質を確認し、HCV RNA (HCVの遺伝子)と言う物質を測定します。
画像検査では病気の進行度合を確認出来ます。

次に治療法を紹介したいと思います。
B型肝炎C型肝炎も薬の治療がメインです。

B型肝炎だとインターフェロン核酸アナログ製剤を投与します。
投与すると体内のウイルス量が減少し、ヒトへの感染力も低下します。

C型肝炎だとインターフェロンや抗ウイルス薬を投与します。
投与すると約9割の確率でウイルスを除去出来て、ヒトへの感染力を無くせます。

今回は主に慢性肝炎を調べました。
慢性肝炎はウイルス感染の比率が大きいですが、B型肝炎はワクチンが有るので、打ちたいと思いました。
慢性肝炎は予防をしたら感染を防ぐ効果は大きいので、今後は日常生活で十分に予防したいと思います。











http://www.kanen.ncgm.go.jp/content/010/ippan.pdf

肝硬変って何?

最近同じ職場の人と話していると、酒の話に成ったので、及川サン(仮名)は酒飲むんですか?って聞いたら、昔は結構飲んでたよって言ったので、今は飲まないんですかって聞くと、肝硬変に成ったから、飲まないんだよねと言っていました。
肝硬変って何かって聞いたら簡単に言うとアルコールを処理出来ない病気だよって言われたんですけど、詳しく知りたいと思ったので自分で肝硬変を調べたいと思います。

肝硬変とは肝臓病の一種で、簡単に言うと文字通り肝臓が硬化して、肝臓の機能が極度に低下する事で、肝臓がんを誘発し易い状態です。
因みに肝硬変の初期段階で肝臓が十分機能している段階を代償性肝硬変と言い、大分進行して肝臓が十分機能しない段階を非代償性肝硬変と言います。
何が原因で起こるかと言うと、肝臓の線維化と言う現象です。


肝臓の線維化とは肝臓に多量の瘢痕組織が形成され、肝細胞と置き換わった瘢痕組織が肝細胞の様に機能しないので、肝臓の機能が低下する事です。
因みに瘢痕組織とは簡単に言うと傷跡です。

何故肝臓に大量の瘢痕組織が形成されるかと言うと、生活習慣の悪化等で慢性的に肝細胞が損傷するからです。
逆に言うと短期的な損傷だったり、単発の損傷であれば大量の瘢痕組織は生じません(線維化は生じない)。


因みに肝臓の位置は肺の下で、胃の左上で、ヒトだと最も大きい内臓です。


更に詳しく見ると肝臓には左右が有って左側を左葉、右側を右葉と言って、下には胆嚢と言う臓器が有って、肝臓からは肝管が出て胆嚢に接続し、胆嚢からは総胆管が出て十二指腸に接続しています。

又活動量も多く、分かってる範囲で500種類以上の効果を発揮するそうですが、特徴的な作用を3個挙げると、1個目は胆汁を作り総肝管を通して胆嚢に送り届ける事で、2個目は栄養素を合成して貯蔵して必要時に体に送り届ける事で、3個目が毒物を分解して、中和する事です。

肝硬変と言う病気は肝臓が段階的に悪化して、最終段階近くに成ると発症する病気です。

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/liver-cirrhosis-nutritional-therapy/early-detection/

肝硬変が引き起こす症状は大量に有ります。

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/liver-cirrhosis-nutritional-therapy/early-detection/

分かり易い症状は黄疸です。
黄疸とは皮膚や白目等が黄色に成る事です。
何故起こるかと言うと血中にビリルビンと言う黄色の色素の物質が増加し、結果的に全身の皮膚や粘膜に広がり、沈着するからです。

ビリルビンは損傷等して使えない赤血球を再利用する過程でヘモグロビンが分解される時に作られます。
発生したビリルビンは血流に乗って肝臓に移動し、肝臓で胆汁と混ぜられて総肝管を通って胆嚢に行き、胆嚢から総胆管を通って十二指腸に行き、便や尿と一緒に体外に排出されます。
因みに肝臓で処理される前のビリルビンを間接ビリルビン(非抱合型ビリルビン)、肝臓で処理され胆汁と結合したビリルビンを直接ビリルビン(抱合型ビリルビン)と言い、両者を合わせて総ビリルビンと言います。

黄疸は4種類有って、溶血性貧血(赤血球が破壊される事に拠る黄疸)、肝細胞性黄疸(肝細胞が正常に機能しない事に拠る黄疸)、閉塞性黄疸(ビリルビンが含まれた胆汁が通る管が塞がれる事に拠る黄疸)、体質性黄疸(先天的にビリルビンを処理出来ない事に拠る黄疸)に分けられます。
従って肝細胞性黄疸の様に肝硬変等が起こり、肝臓内で胆汁の流れが悪化したりすれば、血液中から漏れ出て血中のビリルビン濃度が上昇し、黄疸が発生する事が分かります。

肝硬変を発見する為の検査法は様々ですが、代表的な検査は血液検査や超音波検査、CT検査等の画像検査です。

血液検査は代表的な指標が有りますが、何と言っても先程紹介した通り、血中の総ビリルビン濃度が挙げられます。
基準範囲は0.2〜1.2mg/dLで1.3mg/dLだと肝臓等の病気の可能性が有ります。

又画像検査も有効です。
何故かと言うと肝硬変では線維化が起こっているので、肝臓表面に瘢痕組織(簡単に言うと傷痕)が出来るので、凸凹も出来て異常を発見し易いからです。

治療法に関しては食事が基礎ですが、基本的に肝硬変は不可逆的(簡単に言うと治らない)なので、様々な症状が誘発されます。
従って現れた症状毎に対応する対症療法をして、症状が出れば、治療する生活が基本です。
食事内容に関しては初期の代償性肝硬変と末期の非代償性肝硬変では内容が変わります。

但し、唯一の根治方法が存在します。
何かと言うと、肝臓の移植です。
世界的に見ると年間数千件程度行われているそうで、大半がウイルス性肝疾患の患者です。
提供者は世界的には脳死者が多いですが、日本では家族からが多く、具体的には肝臓の一部を提供してもらうそうです。

今回初めて肝硬変と言う病気を知りましたが、移植しないと完治しない事には驚きましたし、絶対に肝硬変に成らない生活を送ろうと思えました。
今後は肝硬変の詳しい食事療法等に関しても調べたいと思います。


エキノコックスって何?

最近は北海道でバイトをしているんですが、頻繁にキツネを見るので、同じ職場の人とキツネに関して話すと、絶対触ったらダメと言われました。
何故かと聞くと、エキノコックスって言う寄生虫を持っていて、感染すると最悪だと死ぬ可能性も有ると言う事を言われました。
私は人生で初めて野生のキツネには触れたらダメな事や、キツネが人体に有害な寄生虫を持っている事を知ったので、今回はエキノコックスに関して紹介したいと思います。

エキノコックスとは寄生虫の一種で、エキノコックスに拠って起こる感染症エキノコックス症と言います。

エキノコックス症は大きく分ける2種類に分かれて、1個目は単包条虫と言う寄生虫に拠る単包性エキノコックス症で2個目は多包条虫に拠る多包生エキノコックス症です。
因みに日本でメジャーな方は2個目の多包生エキノコックス症です。

単包条虫

多包条虫

エキノコックスには成虫と幼虫が存在して、成虫は卵を作ります。
成虫はキツネに寄生している例が多く、幼虫は野生のネズミに寄生している例が多いです。

如何にエキノコックスが私達に感染するかと言うと、キツネ等に寄生しているエキノコックスの成虫が卵を作り、形成された卵がキツネ等の糞に混じって、体外に排出されます。
糞が沢水に溶けたり、野生の食料に付いたり、キツネの体毛に着いたりして卵が広がります。

次に人が山に行って直接沢水を飲んだり、野草等を適切に処理せずに直接食べたり、野生のキツネに直接触れたりすると、口を通して卵が体内に入ります。
詰まりエキノコックスは経口摂取で感染します。

体内に入り腸内で卵が幼虫に成り幼虫が腸壁に潜り込んで、血流やリンパ流に乗って体内を巡り、9割以上の確率で一時的に肝臓に寄生し、肝機能障害等を起こします。

私達を除いた自然界でのエキノコックスのサイクルを成虫が寄生する代表的なキツネと幼虫が寄生する代表的な野生のネズミを使って簡単に示すと
成虫がキツネの腸内に寄生して、卵を生みます

キツネが排泄する時に糞と一緒にエキノコックスの卵が体外に放出されます

排出された卵は糞と一緒に沢水に溶けたり、山菜に付着したりして自然界に広がります

野生のネズミが卵が含まれた沢水を飲んだり、山菜を食べたりすると、体内に卵が取り込まれます

ネズミの体内で卵が幼虫に成り、肝臓に寄生し、エキノコックスが寄生した新たな野生動物が出来ます。

キツネがエキノコックスに寄生されたネズミを食べると、キツネの体内に幼虫が取り込まれ、最終的に成虫に成ります。

成虫が卵を生みます

以上のプロセスが繰り返されて、エキノコックスが拡大します。
因みに最近でもキツネからだけじゃなく、犬からもエキノコックスが発見されました
詰まり犬がエキノコックスの幼虫を持った野生のネズミ等を捕食した事でエキノコックスが寄生したと言えます。
https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24237.html

エキノコックス症の特徴は潜伏期間が数年〜数十年単位と長い事と、9割以上の確率で一時的に肝臓に寄生し、後々には胆管や、脳等にも広がる可能性が有る事です。
従って肝機能障害を始めとして、様々な障害を引き起こします。

又長い潜伏期間の間に病巣(単純化すると病気的な変化が起こっている箇所)が進行すると、手術で根治させる事が困難と成ります。
因みにエキノコックス症を根治させられるのは手術で切除する事だけです。
従って感染後の解決策よりも感染しない為の予防策が重要です。
予防策を大きく分けて3個紹介したい思います。

1個目はキツネに触らない事です。
何故かと言うとキツネの体毛にエキノコックスの卵が付着しているかもしれないからです。

2個目は自然の沢水や山菜等は可能な限り摂取しない事で、仮に摂取するとしても水だったら沸騰させたり、山菜だったら加熱して調理する事が大切です。

3個目は手を十分に洗う事です。

予防策を紹介しましたが、感染した場合の検査内容等に関しても紹介したいと思います。
エキノコックスを発見する手段はCT検査等の画像検査や血清検査等の血液検査や問診等が挙げられます。

今回はエキノコックス症に関して調べる事が出来ました。
調べて分かった事は予防する事が大事な事と予防法が簡単な事です。
意識して行えば感染は高確率で避けられますので、予防を徹底したいです。
北海道から高知に帰ったら一回は検査を受けたいと思います。


減数分裂って何?

昨日は細胞分裂に関して調べて、体細胞分裂に関して紹介しましたが、細胞分裂の代表例と言えば後一個有って減数分裂と言う細胞分裂です。
従って今回は減数分裂を紹介したいと思います。

減数分裂とは簡単に言うと配偶子を作る分裂の事です。
配偶子とは具体的に言うとオスの精子やメスの卵等の生殖細胞を指します。
配偶子は合体する2者の形態が同じだと同型配偶子と呼び、形態が違うと、異型配偶子と呼びます。
精子、卵は形態が違うので、異型配偶子です。
将来的にヒトだと配偶子(精子と卵)が接合(受精)し、接合子(受精卵)を作ります。

因みにヒトの様にオスとメスの配偶子で子を作る生殖方法を有性生殖と言い、有性生殖以外を無性生殖と言います。

有性生殖の簡単なプロセス
親細胞が減数分裂→配偶子完成→配偶子(精子と卵)が接合(受精)→接合子(受精卵)完成

因みに親細胞が減数分裂をすると完成する配偶子の染色体数は半分に減数します。


何故かと言うと半分に減数せず、配偶子の染色体数が親と一緒だと配偶子(精子と卵)が接合(受精)すると染色体数が親より多く成るからです。


例えば父親と母親の1細胞内の染色体数は無論各々46個です。
通常なら減数分裂が起きて染色体数が各々23個に成った精子と卵(配偶子)が完成し、将来的に受精すると23+23=46に成りますが、減数分裂が起きないと、染色体数46個の細胞が各々の精子、卵として使われ、受精すると染色体数は92個に成ります。
染色体数が増え過ぎると染色体異常の病気に成る可能性も有ります。
従って減数分裂が起きた細胞が配偶子とされます。

無性生殖の簡単なプロセス
親細胞が体細胞分裂する→子の細胞完成

有性生殖が終わって受精卵が完成し、受精卵が体細胞分裂をして親の様な個体に近付いてく過程を発生と言います。
因みに受精卵が体細胞分裂をして、多細胞に成った時から受精卵は胚と呼ばれます。

次に有性生殖内の1プロセスの減数分裂に関して更に紹介したいと思います。

減数分裂のプロセスを紹介したいと思います。
最初が左上の図で縦長の2本の染色体が並んでいます。
片方は父方の染色体で、片方は母方の染色体です。
因みに2本の似た染色体が一対に成っている染色体を相同染色体と言います。

次に左上の図から下図に移動すると父方、母方の染色体が各々2倍に成ってます。
詰まりDNAの複製が起こります。
因みに父方母方各々の染色体が倍加して教科書等で頻繁に見るX状の染色体が父方1個母方1個で1ペア分出来ましたが、父方のX状の染色体、母方のX状の染色体各々を姉妹染色分体と呼びます。

更に付け加えると姉妹染色分体を構成する2個の各々の物質を染色分体と言い、同じ遺伝情報を持っています。

下図の話に戻します。
下図ではDNA複製が起こって、姉妹染色分体が2個作られました。

次に下図から左下の図に移ると、2個有った姉妹染色分体が結合します。
姉妹染色分体が結合すると、減数分裂に特有の遺伝子の組換と言う作業が起こります。

遺伝子の組換が起こると、父方や母方とは違った新たな染色体が出来るので、持っている遺伝子の組み合わせが違う新たな個体を生み出せるので、種の多様性や環境への適応(環境に不利な遺伝子は排除する事で)等を実現出来るメリットが挙げられます。

次に左下の図から右図に移ると、結合していた2個の非姉妹染色分体(何故非姉妹染色分体かと言うと、遺伝子の組換が起こったので、姉妹染色分体を構成する2個の染色分体が同じ遺伝子を持ってないから)に減数第一分裂が起こって、2個の細胞に分かれます。

次に右図から右下の端の図に移ると各々の細胞の非姉妹染色分体に減数第2分裂が起こって、各々の非姉妹染色分体が2個の染色分体(正しくは染色体です。何故かと言うとX状の染色体がI状に成ると、染色体と呼ばれるから)に分かれて、合計4個の細胞(配偶子)が作られます。

以上が減数分裂の過程です。
最後に過程を要約すると
DNAの複製

姉妹染色分体が結合

遺伝子の組換

減数第1分裂

減数第2分裂

4個の配偶子完成

以上が減数の過程でした。
前回と次回で細胞分裂の代表例を理解出来て良かったです。
今後も細胞関連の最新情報は追いたいと思います。